素材 1 原材料

 

IMG_1851.jpg

 

balangon banana

 

バナナはお好きですか。

フィリピン各地の零細農家が栽培するバランゴンバナナ。

無農薬・無化学肥料栽培で、つくる人も食べる人も安心です。

つくり手の顔の見える個性豊かなおいしいバナナは

民衆交易という形で届いているものを使用しています。

 

大切に育てられたバナナは、葉も茎も利用しますが

バナナを植えてから10か月後位につく

「バナナハート」と呼ばれるつぼみ(花)も

生産地では茹でてサラダやスープに入れて食べるそうです。

とってもおいしそうですね。

 

見ているだけで愛しくなるそんなバナナです。

 

 

IMG_1862.jpg

 

左から、ココア・ゲランドの塩・マスコバド糖

 

 papua cocoa

 

インドネシア・パプア州産のカカオからつくられた

ココアパウダーです。

ココアバター分10~12%の低脂肪。

アルカリ処理をしていないのでカカオ本来の明るい色調と

さわやかな酸味があるとても豊かな味わいです。

 

赤道直下にあるパプア北部の年間を通して日照と雨に恵まれ

カカオの生育に適した豊かな森で栽培が続けられています。

カカオを通じて自分たちの森と暮らしを守りたい。

そんなパプアの人々の未来に向けたチャレンジを

応援したいと思います。

 

 sel de guerande

 

有名な塩ですので皆様よくご存じかと思いますが

ゲランド塩田は、フランス北西部ブルターニュ半島の付け根にあります。

9世紀以来、1000年以上にわたり太陽と風の力だけで水分を蒸発させる

伝統的な方法でつくられています。

 

ミネラルをじっくり抱き込み、独特の味わいのある塩をつくり出すために

塩職人の育成と同時に、周囲の広大な湿地帯の保護活動なども行っています。

まさに地球からの贈りものですね。

 

 

IMG_1678 (2).jpg

 

 mascobado sugar

 

 「砂糖の島」と呼ばれる、フィリピン・ネグロス島の黒砂糖

民衆交易という形で届いているものを使用しています。

サトウキビを搾り、ジュースを煮つめ、攪拌して粉末にするだけの

シンプルで伝統的な製法でつくられる含蜜糖(黒砂糖)です。

一切精製をしていないので、サトウキビの風味やミネラル分が残っています。

香りが良くまろやかな味わいで、料理にも幅広くお使いいただけます。

 キャラメルにすると、何とも言えないコクが出てきます。

 

 

 

IMG_1908.jpg

 

 coffee

 

コーヒーはお好きですか。

世界には様々なコーヒーの産地がありますが

2002年に独立した「太陽が昇るところ(ロロサエ)」という意味の島国

東ティモールもコーヒーで多くの国民が生計を立てている産地のひとつです。

 

コーヒーはゼロから出発した東ティモールにとって

まさに命と暮らしを支えるものです。

 

生産者は、品質の良いコーヒーを届けたいと実の摘み取りや

加工などを手作業で丁寧に行いながら、水源保全などにも取り組み

持続可能な暮らしと地域づくりを目指しています。

 

非水洗い方式で仕上げた「ナチュラル」を使用することで

東ティモールの取り組みを応援したいと思います。

 

IMG_2093.JPG

 

ようこそ。東ティモールの生豆「ナチュラル」です。

この後ハンドピック、そして焙煎へと進みます。